EPAの効果 1日に必要な摂取量は?



DHAサプリおすすめランキング123




EPAとは



EPAとは、正式名称を

エイコサペンタエン酸といい



DHAと同様、魚に多く含まれている

不飽和脂肪酸
です。


アジ
DHAのページでも紹介していますが

「脂肪酸」には

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の

2種類があります






飽和脂肪酸は肉やマーガリン、

卵の黄身などに多く含まれている

ドロドロとしていて固まりやすいのが

特徴の脂肪です。



飽和脂肪酸には中性脂肪や

コレステロール値を高めてしまう


働きがあります。





それに対し、EPAは

不飽和脂肪酸に分類されます。



不飽和脂肪酸は

常温でもさらさらとしていて

固まりにくい油
です。



このさらさらとした成分は

血液の中で血小板が固まるのを防ぎ

血液もサラサラにする効果

あるとされています。





しかし、現代の食生活では

魚を食べる習慣が少なくなり



不飽和脂肪酸の摂取量が

減少している傾向に
あります。





EPAの効果



日経ヘルス「サプリメント辞典」に

よりますと、EPAには



  • 血液をサラサラにする効果

  • 動脈硬化の予防

  • アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の予防

  • 抗うつ作用


など、DHAと非常によく似た

幅広い効果がある
とされています。





また、EPAを安定化したEPAエチルは、

日本では医薬品としても

つかわれている成分です。



  • 血小板の凝縮抑制

  • 血清脂質の低下

  • 動脈の伸展性保持

  • 抗うつ作用




などの作用が認められています。





1日に必要なEPAの摂取量は



厚生労働省が示す「食事摂取基準」では

EPAの1日の摂取量は

1g~1.5gの摂取が理想
とされます。



また、アメリカの食品医薬品局(FDA)では

EPAのサプリメントでの摂取目安量は

DHAとEPAを合わせ1日2g未満と

表示されています。


EPAサプリの副作用


摂取しすぎても

重篤な副作用が出ることは

ほとんどない安全な成分ですが、



血液をサラサラにする効果が高いため

過剰摂取を続けると

凝血機能が低下し、

出血が止まらなくなる


可能性も考えられます。



ですので、サプリメントなどで

EPAを摂取する場合は

1日の摂取量を守るように
心がけましょう。





あなたにピッタリのDHA・EPAサプリはこれ


低価格なのに高品質!
DHA・EPAサプリは?
 
青魚の臭いがしない!
飲みやすいDHA・EPAサプリは?
1日分の摂取量を補える
DHA・EPAサプリは?
 

不足しがちな栄養も
補えるDHA・EPAサプリは?
無添加で家族全員で飲める
安心のDHA・EPAサプリは?
メラメラ成分も配合!
女性に嬉しいDHA・EPAサプリは?